【最新版】PHPバージョン一覧と確認・変更方法



中川
こんにちは!FunTech講師の中川です。

PHPのバージョンについて、
どのバージョンを使ったらいいんだろう?現在のバージョンは?確認方法は?変更するには・・・などなど悩むことはありませんか?

そこで、今回はPHPの最新バージョンの紹介と、確認・変更方法について説明していきます!

※2021/10/10時点の情報です

PHP最新バージョン一覧

PHPで現在サポートされているバージョンは以下の通りです。

※PHP 7.2 以前のバージョンは既に公式のサポート終了済みのため、記載しておりません。

バージョン 初回リリース日 最新リリース 最新リリース日 アクティブサポート セキュリティサポート
7.3 2018/12/06 7.3.29 2021/07/01 2020/12/06 2021/12/06
7.4 2019/11/28 7.4.24 2021/09/23 2021/11/28 2021/11/28
8.0 2020/11/26 8.0.11 2021/09/23 2022/11/26 2023/11/26

WordPressで使っているPHPの場合、7.4以上のバージョンの利用が推奨されています。

https://ja.wordpress.org/about/requirements/ – WordPress公式

特別な理由がない場合、様々な機能が追加されている最新メジャーバージョンである8.0の利用が推奨されますが、
7.X系から8.X系の移行には互換性のない機能もあるため、
元々7.X系で構築されたシステムから8.X系に変更する場合には十分検討したうえで実施してください。

PHPインストール方法

1.PHPの公式ページへアクセスします。

https://www.php.net/

2.ヘッダー(上の部分)の「Downloads」をクリックします。

3.ダウンロードしたいバージョンの「Windows downloads」をクリックします。

4.マルチスレッド対応の「Thread Safe」側のZipファイルをクリックし、ダウンロードします。

5.ダウンロードしたZipファイルを任意のフォルダに解凍します。

(以下はC:ドライブ直下の「PHP」フォルダに展開する場合)

6.環境変数にパスを通すため、Windowsの設定から検索欄に「環境変数」と入力してください。

候補の「環境変数を編集」をクリックします。

7.変数欄の「Path」を選択した状態で「編集」をクリックします。

8.一覧の中の項目をどこも選択していない状態で「参照」をクリックしてください。

先ほど展開したフォルダを選択すれば作業は完了です!

バージョン確認方法

コマンドプロンプトで以下のコマンドを実行することで、PHPのバージョンが確認できます。

実行結果は以下のように表示されます。

この場合だと、バージョンは 8.0.6 であることが分かります。

エラーが出た場合は、以下の原因が考えられますので確認してみてください。

  1. PHPがインストールされていない
  2. 環境変数のPATHを通していない

バージョン変更方法

PHPのバージョン変更は、既存のPHPフォルダを削除して改めてインストールする方法が基本です。

インストール元を削除して、「2.インストール方法」を実施してください。

おわりに

いかがでしたでしょうか?

これからPHPを使う人、PHPのバージョン変更をしたい人にとって参考になれば幸いです!

もしつまずいた部分などがあったら、検索を駆使して調べて解決してみてください。

PHPに限らずですが、実際にプログラムを書く際は、ほぼほぼ調べる時間が大半です。

検索を駆使して解決する力も、エンジニアには必須になってくるので、いろいろ調べてみてください♪

それでは、失礼いたします。

最高のPHPライフを!